日本独自の伝統文化である旅館には知らないことが盛り沢山。

日本固有の旅館文化の秘密

旅館というのは日本独自の存在でありながら、現代では日本人でさえもよく知らない人が多い文化です。あまり知られることのない旅館文化を探ってみましょう。

旅館での宿泊において何より驚く、それも良い意味で驚くのはその柔軟な対応です。宿泊客一人一人に対して最善の環境が提供出来るようにしてくれるのです。おそらく常宿にしている人にとっては第ニの我が家のような感覚が持てるのではないかと思う程です。ですから一度きりの利用はもちろん、何度も利用するとその心遣いがより嬉しいものになると思われます。旅館にはいわゆる西洋的なマニュアル方式というのはありません。すべてが初めての事でその時々でどうしたら良いかを考えるのです。それも常にお客様の気持ちを慮って。

旅館では食事は部屋でとることが多く、その後に布団を敷きに仲居さんがやってきます。ですがその時間もその日のお客様の都合などにあわせて臨機応変に対応してくれるのが真っ当な旅館です。
また、いわゆるチェックイン、チェックアウトタイムもお客様の都合に合わせて出来るだけの変更をして貰えることが多いものです。この辺りも痒いところに手が届くといったところでしょう。
柔軟だとか臨機応変だとかフレキシブルだとかという言葉は実はとても曖昧ではっきりと定義することが難しいものですが、旅館という存在、文化はまさにそれに当てはまります。はっきりと〜が出来るだとか〜は出来ないだとかという区切りがないのです。すべてがケースバイケースといったところでしょうか。
しかしこの懐の深さこそ一度味わうとやみつきになる種類のもののようです。まずは一度体験して欲しいと思います。

旅館の魅力とは何か?

サービスとは一味違う”おもてなし”

旅館独特の文化”おもてなし”とはいったいどんなもの?

外国人はなぜ旅館を好むのか?

なぜ旅館は外国から来る旅行者に人気があるのでしょうか。

Copyright(C) 2011 - 日本独自の有名ホテルが老舗旅館、その奥深さをみてみよう - All Rights Reserved.